くるり@NHKホール


18日のNHKホールへ行ってきました。
今回のツアーには絶対ストリングスが入るだろうと
勝手に思い込んでましたが、結局ストリングスはなく、
EXPRESS@ZEPPの時と同じメンバーでした。

岸田君、佐藤社長、ドラムはニャッキー。
キーボードがウェールズ出身、今はリバプールに住んでいるというカーウィン。
ギターやバンジョーも弾いてたな。
で、コーラスのザ・サスペンダーズ(笑)
バリトン、ソプラノ、テノールの3人。

メンバー構成が同じだから流れもZEPPと同じかな?と思っていたら、
1曲目は「恋人の時計」
この曲、今回のアルバムの中でも大好きな曲。
でも「ブレーメン」で始まったZEPPの時の興奮度には及ばなかったなあ〜

今回の「ふれあいコンサート」は15分の休憩を挟んだ1部、2部という構成。
メンバーも正装だし、クラッシックのコンサートみたい(笑)
客電が消えてメンバーが出て来たら
みんな一斉に立ち上がったけど
岸田君が「座って」というゼスチャーをするので
結局最後の方まで座ってみる事になっちゃった。
1部はゆったりと聴き込みたい曲が多かったので
良かったけど、2部はスタンディングで見たかった!
皆も立ちたくてウズウズしてたみたい。
こういう所が他人を異常に気にしちゃう日本人なのねえ〜(笑)
自分も含め。。。
自分が立っちゃったら後ろの人が見えなくなるしなーとか
イロイロ考えちゃうのよね。
一人立つ勇気もなかったー(涙)

前から3列目というステキな席だったので
後ろがどんな感じなのかも分からなかったし。。
後半ちらっと振り返ってみたら結構立ってる人もいたのね。
この日はまだツアー2本目だったので
みんなちょっと遠慮がち。
HNKホール2日目の19日はみんな立って踊っていたみたい。
いいなあ〜

2部は「ブレーメン」から始まって
大体zeppの時と同じ流れでした。
「ブレーメン」もうううううううう
やっぱり、この曲から始まるのがいいなあああああああああ
岸田くん!
こんな素晴らしい曲をありがとう〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
鮮やかに情景が浮かんでくる名曲です!!!
メロディと歌詞の絡み具合がたまりません
ストリングスなしの「JUBILEE」もすっきりしていて良かった。
でも、このツアーでの目玉は「アナーキー・インザ・ムジーク」でしょう!!!
アルバムではそれほど。。。というより
ちょっと苦手かも。。と思ってたのですが、
ライブで聴いたら、かっこいい!!!!
岸田君のギターも炸裂!(喜)

2時間強のコンサートでしたが、
殆ど座っていたって事もあり、疲労感はなく
その点がちょっと物足りなく感じたりもしましたが、
コンサート自体は最高でした!!
次の中野サンプラザでは踊るぞ!
[PR]
by hanabi_lv | 2007-07-22 01:08 | くるり
<< 困った。 SMILE  人が人を愛する旅 >>