潜水服は蝶の夢を見る

e0108401_295641.jpg


意識ははっきりしているのに
体はまったく動かない。
唯一動くのは左目だけ。。
想像を絶する悲惨な状況を描いているのだけど、
美しい映像と音楽で重苦しさはまったく感じない。
言語療法士が読み上げる単語の響きが音楽のようで心地良いし、
登場人物もみな魅力的。

人生について考える時
絶望的な気分になる事もあるけど
どんな状況になっても
想像する力があれば心はいつでも自由になれる。
想像力は人間を強くしてくれる。
心にやさしい光をともしてくれたステキな映画でした。
もう一度見たい。
原作も読んでみたいな。


すっかり映画を見に行かなくなってしまい、
今年に入って映画館で映画を観たのは1月の「ONCE ダブリンの街角で」以来。
ライブにお金かかるし、
映画はwowowで我慢しよう。って思ってたんだけど。。
あー
一度見に行っちゃうと、観たい映画が次々と出て来ちゃう!!

と言う事で、次回見に行く予定の映画は

e0108401_214470.jpg

「ダージリン急行」

e0108401_2152581.jpg

「やわらかい手」


G県に来てくれたら絶対見たい

e0108401_216533.jpg

「アニー・リー・ボヴィツ レンズの向こうの人生」


やっぱり映画は映画館で観なくちゃねー
[PR]
by hanabi_lv | 2008-03-06 02:21 | 映画
<< 音博 新譜 >>